妊娠主婦&お母さん向け在宅ワークサイト プリズム

養育費や生活費が足りないお母さん&主婦向けの在宅ワークや内職で稼ぐための情報を提供します。

投資・資産運用

積立NISAの初心者におススメ商品を3つ厳選紹介!

投稿日:

少額で始められて、投資の利益が20年も非課税の積立NISAは、コツコツお金を貯めやすい
ので、子どもの養育費を貯めたいママから大注目されています。

しかし、積立NISAは100種類以上れもの商品があり、
「一体どれにどう投資していけばいいの?」
と、わからなくなってしまいますよね。

どうすればなるべく損をせず、多くの利益が出る商品を選ぶことができるのか、
お悩みではありませんか?

積立NISAは預金や保険と違い、投資したお金が元本割れをしないという保証はありません。

そこで、

投資の利益を上げる方法
損をするリスクを下げる方法

をチェックしてから商品を選べば、
損を少なく、利益を大きくコツコツお金をプラスに貯めることができるのです。

おトクな長期的な少額投資で、子どもの養育費を稼ぐための参考にしてくださいね。

積立投資信託については、
積立投資信託の選び方を解説!コツコツ投資で大きな利益
積立NISAについては、
養育費を稼ぎたいママ必見!積立NISAで、コツコツ投資
の記事も参考にしてください。

今回はそんな話題の積立NISAについて、

積立NISAの商品選びでチェックする項目
積立NISAのおススメ商品

以上の内容をご紹介させていただきます。

積立NISAの商品選びでチェックする項目

積立投資をする商品選びについては、こちらの投資信託の記事でも
触れていますが、ある程度自分で選ぶことが必要です。

銀行でおススメされる商品は「銀行が売りたい・投資してもらいたいもの」であって、
顧客の利益が優先されているわけではないからです。

今回は積立NISAで特にチェックしておきたい項目をご紹介します。

運用にかかる『信託報酬』をチェック


積立投資信託の記事でもご紹介したのでおさらいですが、積立投資には、自分が投資した
お金を運用し、管理してもらう「信託報酬」(運用管理費)が必ずかかります。

この信託報酬が高い商品を選んでしまうと、管理費にばかりお金を払うことになり、
おトクに利益を貯めることができなくなってしまいます。

特に積立NISAは、最長で20年という長期投資になりますので、
運用にかかる費用に大きな差が出てしまいます。

積立NISAの商品選びの際には、必ず信託報酬の割合を比較しましょう。

信託報酬のパーセンテージが低いほうが運営費用が安く、高いほうが運営費用が高いです。

『純資産総額』をチェック

こちらも投資信託の記事のおさらいになりますが、
投資信託は投資をしている人たちが投資をし、資金が集まってくることで、運用されています。

この投資信託にあつまったお金、「純資産総額」を比較してみましょう。
純資産総額が多く、年々金額が伸びている商品は、
「人気がある=投資家たちから信頼がある」
ということです。

純資産総額が少なく、年々減少傾向にある商品は、将来的に運用停止になってしまうリスクがあります。

積立NISAは長期間の投資になるので、必ず純資産総額を確認しましょう。

ただし、積立NISA自体が2018年1月から始まったことなので、積立NISAのために新しく
始まった商品には、まだ純資産総額が集まっていない場合もあります。

『どこへ投資するか』をチェック

やはり、積立投資をする上で一番不安なのは、元本より価値が下がってしまう
「元本割れ」ですよね。

積立NISAで投資をするとき、「一体どこへ投資するのか」を考えると、
元本割れのリスクを軽減できます。

金融庁の審査で認められた積立NISAの商品は、

国内株式
国内債券
外国株式
外国債券

などの投資先を選ぶことができます。

外国といっても、先進国に投資をするのか、新興国に投資をするのかでも利益が違い、
その国、あるいは国内で何かが起これば一気に価値は変動します。

投資初心者には、2~4つの投資先商品を分けることがおススメです。

1か所に投資をすれば利益は大きいですが、下がったときに一気に損をします。

複数個所に分けて持っていることで、リスクを分散することができるので、
FP(フィナンシャルプランナー)の方からも推奨されています。

NISA積立投資は長期の少額投資なので、価値が下がっても慌てずに上がってくるのを
待てば、初心者の人でもそこまで損をしません。

それにプラスして、複数の投資先に分散しておけば、さらにリスクを下げることができます。

積立NISAのおススメ商品

100以上もある積立NISAの商品選びで大切なポイントをまとめると、

1. 信託報酬が少ない商品
2. 純資産総額が多く、増加傾向にある商品
3. 投資先を分け、リスクを分散できる商品

の、3つです。

それでは、この3つのポイントを踏まえて、おススメ商品をご紹介いたします。

1. 信託報酬が少ない商品

長期の投資では、信託報酬が少なければよりおトクに利益を貯めることができます。

三井住友‐三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファウンド

信託報酬 0.173%
総資産総額 11.986百万円

信託報酬費がほかの商品と比べてとても少ないです。
少額コツコツ投資で一か所にしか投資をしないという人に、おススメです。
純資産総額も増加しているので、人気も上がってきています。

2. 純資産総額が多く、増加傾向にある商品

みんなが投資をしている人気の商品なら、運用停止の心配なく、
安心して長期間の投資を任せることができます。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

信託報酬 0.497%
純資産総額 1,400億円

投資信託の記事でもご紹介していますが、圧倒的な純資産総額です。
信託報酬は高めで、販売窓口も少なめですが、
アメリカにある世界最大級の資産運用会社へ投資をしています。
超人気の商品で、子どもの養育費を安心してコツコツ貯めたいという人におススメです。

3. 投資先を分け、リスクを分散できる商品

積立NISAの投資先を分散させて、元本割れのリスクを少なくしましょう。

ニッセイ・インデックスバランスファウンド(4資産均等型)

信託報酬 0.237%
純資産総額 2,028百万円

国内株式、国内債券、外国株式、外国債券を25%ごとに均等にわけ、
投資することができます。
投資初心者でも簡単にわかりやすく複数の投資先を管理できるので、
投資によるリスクを抑えたい人にはおススメです。
総資産が少ないですが、2015年から運用スタートしたまだ新しい商品です。

-投資・資産運用

Copyright© 妊娠主婦&お母さん向け在宅ワークサイト プリズム , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.