妊娠主婦&お母さん向け在宅ワークサイト プリズム

養育費や生活費が足りないお母さん&主婦向けの在宅ワークや内職で稼ぐための情報を提供します。

在宅ワーク・内職

在宅ワークに関する電子書籍を売ったり、個人コンサルをしたりして稼いでみよう!

投稿日:

今では誰でもインターネットを使って電子書籍を販売したり、人に何かを教えてお金をもらえる時代になりました

前回の記事ではオンラインサービスを提供して稼ぐということについてをご紹介しました。

今度は、「在宅ワーク」に関して価値ある商品を作って稼いでいくことについてをご説明いたします。

今、在宅ワークは生きていくための大切なツールです。

私のように妊娠中だったり、子育て中で小さい子供と一緒にいたい方、ケガや病気、在宅介護など何らかの理由で外出できない人にとっては重要な稼ぎ口です。

もちろん、雇われたくない人、会社の収入だけだと足りなくて副業をしたいという方も、続々と副業デビューをしています。

そして、在宅ワークをスタートする時に「最初に稼げるようになるのは一体どうすればいいの?」と迷ってしまう人はたくさんいます。

なかなか結果が出ない在宅ワークでのお仕事は、シフトで縛られずに時間が自由なだけあって、やる気を自分で起こさないと続けられません。

そんな人たちに、本当に稼げるノウハウ、自分が稼げた経験を電子書籍として提供したり、指導やサポート(コンサル)をメールやスカイプでするお仕事は、今とても求められています。

そこで、そんな在宅ワークに関する電子書籍を売ったり個人コンサルをすることについて、

電子書籍はどうやって作ってどれで売ればいいの?
在宅ワークの個人コンサルをする方法
通信販売に関する法律とは?
副業に必須!PayPalボタンの作り方

についてを順番にご紹介していきます。

電子書籍はどうやって作ってどこで売ればいいの?

電子書籍は基本的にPDFで作っていきます。

Word文章や、ホームページにパスワードを付けて提供するパターンもあります。

とはいえ、いきなり電子書籍を作ろうとしても、ちゃんとしたコンテンツ作りはなかなか難しいですよね。

良いコンテンツや文章を書けるようになるには、自分も電子書籍を買ったり、人の文章を読んで書き方を真似することが大切です。

まずは読みやすくてわかりやすいコンテンツ作りを意識して、作っていきましょう。

あるいは、先に成功している人から添削をしてもらうのもコンテンツ作りには役立ちます。

私は、ココナラで月収40万円を売り上げているちらさんという方の「ココナラビジネスマスターガイド」がとても参考になります。

いつも見やすく読みやすいPDFファイルを作って販売し、副業を始めたい人たちのフォローをされています。

文章を書く、コピーライティングのスキルを獲得すればインターネット上ではどんどん稼げるようになっていきます。

そして、電子書籍の用意ができたら販売です!

インフォトップ
副業教科書の電子書籍を販売するなら、最大手です。
サポートもしっかりしているので、販売者も購入者も安心して利用できます。
デメリットは、通信販売における法律から個人情報を出さないと販売できないことです。

ココナラ
このブログでも何度か取り上げていますが「物を売らないフリーマーケット」です。
個人情報を出すことなく、副業教科書のデータを販売することができます。
ココナラの登録方法は、こちらの記事をご覧ください。

・note
こちらも個人情報は載せずに有料コンテンツを販売することができます。
PDF等ではなく、noteのサイトに直接有料コンテンツをnoteのサイトに書いていきます。

データを作るのは苦手な人、ブログのように書いていきたい人にはオススメです。

在宅ワークの個人コンサルをする方法

在宅ワークの個人コンサルをするにも、基本的には販売者の個人情報を載せなければなりません。

そこで、個人情報を出したくない人はココナラやカフェトークを利用しましょう。

ココナラではLineのようにチャットのようなやり取りをできるので、個人コンサルをするにはもってこいです。

オンラインのスカイプでやり取りをするのなら、カフェトークです。

カフェトークについては、こちらの記事をご覧ください。

逆に、もしも自分の個人情報を開示できるなら、このようなサイトを通さないで自力でコンサル生をブログで集客することもできます。

通信販売に関する法律を守れば、誰でもすぐにインターネットで商品やサービスを提供できるようになります!

通信販売に関する法律とは?

インターネットでサービスを販売する時に守らなければいけない法律とは、「特定商取引法」です。

特定商取引法を違反してしまうと、「誇大広告等の禁止規定」に違反してしまいます。

100万円以下の罰金が課される可能性があるので、必ず守るようにしましょう。

法律上、個人でオンラインサービスをしなければいけない時に書かなければいけないのは、こちらの項目です。

1.販売価格(送料も明確に書く)
2.代金(対価)の支払い時期と方法
3.商品を引き渡す時期
4.商品の返品に関する事項
5.販売者の氏名、住所、電話番号
7.申込みの有効期限がある場合はその期限
8.販売価格、送料等以外の費用がる場合は、その詳細と金額
9.商品に購入時にはわからなかった傷や不備があった場合、販売業者の責任がある場合
10.商品等の販売数量に制限があったり、特別な販売条件がある場合
11.メールによる商業広告を送る場合は、出品者の電子メールアドレス

法人等の場合はさらに書く項目が増えますが、個人で商品を出す分にはこの11項目を最低限必ず書くようにしましょう。

副業に必須!PayPalボタンの作り方

オンラインでのやり取りを自分でやっていく上で気になるのは、お金のやり取りですよね。

そこで、PayPalというシステムが今、インターネットを使ったビジネスをしている人たちの間では人気になっています。

PayPalの良いところは、メールアドレスだけでお金のやり取りをすることができるので、購入希望者に自分の口座番号を教える必要もありません。

購入者も、自分の個人情報を販売者に知られることなく購入することができます。

このようにお互いに現金を安全にやり取りができ、入金の確認も簡単です。

そして、月々の定期購入システムも簡単に設定することもできます。

PayPalは登録費も、アカウントの維持費や、相手に送金するのも無料なので、安心して登録してもらえます。

PayPalの公式サイトからアカウント登録をしましょう。

そして、PayPalを「パーソナル」から「プレミアム」にグレードアップしましょう。

プレミアムになると、PayPalボタンを作れるようになります。

1.「個人設定」をクリックします。

2.「販売ツール」をクリックします。

3.「PauPalボタン」の列に「更新」というボタンが出ているので、クリックしましょう。

4.「関連項目」の欄に「新しいボタンの作成」というところをクリックしましょう。

5.ボタンのタイプを4種類から選びます。
・ショッピングカート
・今すぐ購入(一括払いのことです)
・ギフトカード
・購読(月々払いのことです)

6.商品名と金額を決めます。

7.作成ボタンを押す

以上で完成です!

URLが生成されるので、こちらを購入希望者にメールで伝えればOKなので、とても簡単です。

インターネットで今、電子書籍を売るのとコンサルをするのをスタートするのは、誰でもとても簡単にすることができます。

ぜひ、今すぐスタートしましょう!

どのようにインターネットを使った集客や販売をしていくかは、こちらの記事で紹介している無料動画もぜひ参考にしてみてください。

-在宅ワーク・内職

Copyright© 妊娠主婦&お母さん向け在宅ワークサイト プリズム , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.